グミって肌にいいの??コラーゲン配合って言葉に惑わされないで!!

グミが好きって女性が多いですよね(^^)

小腹がすいた時に食べるのにちょうどいいですし、かわいいグミがたくさん売っているのでグミコーナーはわくわくします♪

 

グミにもたくさんの種類がありますが、コラーゲン配合って書いてある商品が結構多いですよね

コラーゲン配合なら肌にいい!!って思ったことないですか??

グミは肌にいいのか疑問に思ったので、まとめてみました!!

 

グミのコラーゲン

最近ではコラーゲン配合って記載してあるグミが多くなってきましたよね

女性として書いてあるのと書いていないのでは、どうしても書いてある方を買いたくなっちゃいますね!!

 

でも疑問に思ったことはありませんか??

グミの原料であるゼラチンって、元からコラーゲンの1つです

 

ってことは売っているグミって全部コラーゲンが配合されているんですよね

だまされてるってわけではないんですが、コラーゲンって記載されているだけでいいもののような気がしてしまうんですよね

パッケージの効果って恐ろしい…

 

グミのコラーゲンは肌にいいの??

グミって肌にいい??

 

今回一番気になるのは、グミのコラーゲンが肌にいいのかどうかですね

肌にいいのであれば、わざわざ高いお金を払ってコラーゲンを食べる必要もなくグミを食べちゃえばいいじゃない!!って話です

 

結論から言うと、グミに含まれているコラーゲンって微々たるもの…

だってあんな小さな1粒に肌に効果があるほどコラーゲンが含まれていれば、毎日食べている人はすっごくきれいな肌になっているはずです

 

グミ好きな方は鏡で自分の肌を見てみてください

残念なことにすっごくきれいな肌ってわけではないと思います

もしもきれいな肌なのであれば、それはあなたの日々の努力の賜物です!!

 

しかも勘違いされている方が多いようですが、コラーゲンって食べ物で摂取しても肌への効果は期待できないんです

コラーゲンはタンパク質の1種です

コラーゲンとして摂取したとしても胃の中で分解されて身体の栄養になってしまいます

いくら頑張ってコラーゲン配合の物を食べてたとしても、肌へのコラーゲンとして吸収されることはほとんどないでしょう

 

むしろグミは肌に良くない!!

残念なことに、肌のことを考えるならグミは食べない方がいいです

グミには多くの砂糖が使用されていますよね

砂糖を摂取しすぎると、体内では「糖化」という現象が起きます

 

糖化とは…

摂取しすぎた糖が、体内でタンパク質と結合して変化させてしまうことです

 

体内でコラーゲンを作るためには、材料となるタンパク質が必要不可欠です

しかし糖化が起こってしまうと、タンパク質が別の物質に変化してしまうため体内でコラーゲンを作ることが出来なくなってしまいます

結果、体内から肌へコラーゲンを供給することが出来なくなってしまうのです…

 

こんなことを知ってしまうと、もうグミを食べれなくなってしまいますね(゜_゜)

糖分の取りすぎはダメってことですね

皆さんも肌のために気を付けましょう!!

コメントを残す