化粧品に使用されているグリセリンってどんな成分??知っておきたい豆知識

化粧品の成分表示を見たことがありますか??

成分表示を見ることでその化粧品が、自分の肌に適しているのかどうかも判断することが出来たりしますね。

 

その中でも「グリセリン」というものが成分表示によく出ていることに、気づきましたか??

化粧水によく使用されている成分なのですが、あまり馴染みのない言葉です。

そんな成分が入っているものを使用して私たちの肌に、悪影響はないのでしょうか…

 

心配になってきたみなさん!!

私と一緒に「グリセリン」について簡単に理解していきましょう(^^)

私たちがよく知らないだけで、とっても素晴らしい成分かもしれませんよ

 

グリセリンとは⁇

「グリセリン」とは、人間や動物の体内に存在しているアルコールの一種です

化学式としては「C3H8O3」と書くため、酸素・水素・炭素からできていることが分かっていただけるかと思います

 

グリセリンは私たち人間や動物の体だけでなく植物や海藻などにも存在していて、肌にとってとても安全な成分なのだそうです

化粧品だけでなく、医療品や食品・サプリメントなどにも数多く使用されています!!

 

 スキンケアをわせりんのみにするといいって聞いた!!

 

グリセリンの特徴

グリセリンの特徴はいくつかあります

○ 水に溶けやすい

○ 吸湿力が高く、保湿に優れている

○ 水と混ざると発熱する

○ 肌荒れを抑制してくれる

○ とろっとしていて、ほのかな甘みがある

私たちが化粧品に求めている『水分や保湿』がこれ一つで補えてしまうほどの効果があるのです!!

 

グリセリンにはヤシやパーム油などを使った天然グリセリンと、石油などを原料とした合成グリセリンの2種類があります

 

 肌が荒れるのは油分不足が原因だった…

 

グリセリンと肌の関係

肌にとって水分と油分はもっとも大切なものですよね!!

 

化粧水はほとんどが水分でできています

しかし油分などが入っていないため化粧水だけだとどんどんお肌から水が蒸発してしまうんです…

水分不足がひどくなると、肌がつっぱったりカサカサしたりと肌トラブルの原因になってしまいます(T_T)

 

そこで大活躍するのが「グリセリン」

グリセリンの特徴には、水と混ざることが出来たり吸湿性・保湿性がありましたよね

グリセリン自身が水を保持してくれるため、肌の水分を補ってくれるだけでなく水分が蒸発しないように肌を守ってくれるのです

この2つの効果を持っている成分は他にはなかなかありません

肌にとってはなくてはならない成分の1つなんです!!

またヒアルロン酸との相性抜群で一緒に配合されている化粧品が多いです

 

肌にとってうれしい効果が、実はもう1つあるんです

それは肌を柔らかくしてくれるんです!!

もちもち肌はみんなの憧れですよね(*^_^*)

グリセリンを使用することで、理想肌に近づくことが出来るかもしれませんよ♪

オレンジ花

グリセリン入り化粧品をおすすめしたい悩み

グリセリンが入っている化粧品はとても多く販売されていますが、特に使ってほしい肌の悩みを持っている方をまとめて見たいと思います!!

 

◇ 乾燥肌の方

◇ 柔らかくて、弾力のある肌になりたい方

◇ 肌荒れをおさえて、美肌を目指している方

 

『自分が当てはまるな』

と思った方は、ぜひ肌に合ったグリセリン入りの化粧品を探してみてくださいね(^^)

コメントを残す