妊娠して肌荒れがひどくなった…特におでこがやばすぎる

妊娠すると、すごくうれしくて幸せな気持ちになりますよね!!

でもそれと同時に悩みも増えてしまいます…

 

その1つが肌荒れ

妊娠している方の多くが通る道です

顔の中でもおでこがひどすぎるって方も結構多いんですよね

どうして、妊娠すると肌荒れしちゃうのでしょうか

 

 妊娠したら肌がカサカサしだした…私だけ??

 

妊娠すると肌荒れやすくなる??

妊娠すると肌荒れしやすくなったり、今まで使っていたスキンケアが肌に合わなくなったりと

身体だけでなく肌にも色々な症状が出てきます

 

理由としては、妊娠初期にプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されるようになるからです

 

女性の身体には「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2種類のホルモンが存在しています

普段はエストロゲンが多く分泌されていますが、妊娠するとプロゲステロンが多く分泌されるようになります

このプロゲステロンは妊娠中の子宮内の環境を整えたり体温を高めたりととても大切な役割を果たしてくれているのですが、肌荒れしやすくなってしまうためちょっと厄介なホルモンでもあるんです…

 

妊娠中の肌荒れがひどい

 

プロゲステロン=肌荒れ

プロゲステロンが多く分泌されると、肌にどんな症状が出るのでしょうか

簡単にまとめていきたいと思います

 

◇ 栄養分・水分不足

今まで体内に吸収されていた栄養分や水分は、全て赤ちゃんを育てるために使われるようになります

そのため今まで通りの栄養分や水分量では足りなくなってしまいます

 

体内に必要なものが足りていないのに、肌へ供給していくのは難しいですよね

なので必然的に肌の水分や今まで作られていたコラーゲンなどが減少していってしまうのです

 

◇ 便秘

妊娠中は便秘も起こりやすいです

不要物が体内に残っていると毒素が溜まっていきますよね

良い体内循環が行われないため、肌へも影響してしまいます

 

◇ ストレス

妊娠中は今まで気にしたことがないことでも気になるようになったりイライラしたりと、心の変化も起こってきます

するとストレスが溜まりやすくなり、そのストレスは肌にも出て肌荒れが起こりやすくなるのです

 

おでこが肌荒れしやすいのはどうして??

妊娠中に肌荒れしやすい場所の多くはあごとおでこです

あごは女性器との関係が深いとされているため、女性器の病気思っていたり調子が悪い時にも肌荒れしやすい場所です

 

では、どうしておでこにできてしまうのでしょうか

 

おでこはTゾーンと言われ、皮脂の分泌が盛んな場所の1つですね

プロゲステロンが分泌されると皮脂も盛んに分泌されるようになります

そのためしっかりと皮脂のバランスが取れなければ肌荒れしやすくなってしまうのです

 

他にも、髪の毛があたって肌荒れする場合もあります

妊娠中の肌は、敏感肌気味になっているためちょっとした刺激でも肌へ影響してしまうのです

 

 頬がボコボコしているけどかゆみと関係がある??

 

おでこの肌荒れを治すには⁇

おすすめは、たくさんの濃密な泡での洗顔です!!

ちょっとした刺激でも肌荒れする可能性が高いので、たくさんの泡を使って優しく洗ってください

肌への不要な刺激がなくなり皮脂のバランスが取れると自然と肌荒れは収まっていきます

 

また、化粧水もたっぷり使うといいです

妊娠中の肌は気づかない間に乾燥してしまっています

スキンケア時にこれでもかってくらい化粧水を塗るのもいいですし、スプレーなどにして持ち歩いて気になるときに使うのもいいです!!

妊娠すると肌がヒリヒリするようになる??心配しなくても大丈夫!!

妊娠した時は、何に対しても敏感になっている時期です

それはメンタル面であったり、体調面であったり本当にいろいろなことがあります

ちょっとしたことでも不安になってしまいますよね

 

その1つに、肌がヒリヒリしてしまうことがあります

今まで肌トラブルを経験したことがない方でも肌に服が擦れてヒリヒリしたり、スキンケアをするとヒリヒリしてしまうことがあるんです

どうしてなのでしょうか??

 

 妊娠したら肌がカサカサしだした…私だけ??

 

どうしてヒリヒリするの??

肌がヒリヒリする

 

妊娠すると体は胎盤を作ったり妊娠状態を保たなければいけませんよね

その時に出てくるホルモンが『プロゲステロン』という黄体ホルモンを多く分泌するようになります

このホルモンは妊娠時期を過ごすためにはとっても大切なものなのですが、分泌が多すぎると副作用が出てしまいます

 

副作用というのが体調不良や便秘・肌荒れなどです

この肌荒れが今回のヒリヒリの原因なのです

 

妊娠時は肌がいつもより敏感肌になってしまう方がとても多いです

今まで使っていたスキンケアがヒリヒリしたり、肌荒れをしたことがなかった方が肌が荒れやすくなったり…

ひどい場合は服が擦れるだけでも赤くなってヒリヒリすることがあるのです

 

今まで経験したことがないことばかりですが、不安にならないでください!!

誰もが経験することです

それに出産をすると黄体ホルモンはだんだんと減っていきますので、今までの肌の状態に戻るのがほとんどです

 

 敏感肌でも使用できる「デューテ化粧水」とは⁇

 

ヒリヒリするときはどうしたらいいの??

元気に過ごそう

 

肌が敏感になっているので、ヒリヒリしてしまうスキンケア商品は使用しないでください!!

無理をするとストレスにつながってしまいますので、それこそよくないです

 

まずは「規則正しい生活」と「栄養のある食事」「上質な睡眠」を心がけてください

肌のターンオーバーが正常になり、元気な皮膚が作られます!!

 

そしてスキンケア商品は敏感肌でも使用できる、肌に負担が少ないものがおすすめです♪

皮膚が薄くなって弱っている状態なのでスキンケアはできるだけした方がいいです

スキンケアをするのがしんどいって方はオールインワンでもOKです!!

 

顔以外の敏感肌がひどいって方もボディークリームを薄く塗るといいですよ

弱っている肌は、肌を守ってくれているバリア機能が機能していない状態です

 

バリア機能を高めるためには保湿が1番!!

顔も身体もしっかり保湿してヒリヒリ肌にならないように心がけてみましょう

元気な赤ちゃんを産むには、お母様がストレスなく元気に過ごせるのが一番いいですね♡♡

今まで肌荒れ知らずだったのに妊娠して肌がピリピリするようになった

妊娠するとうれしい反面、心配事も増えてしまいます

その1つが肌荒れ

妊娠したら肌がピリピリしたりと肌が荒れるようになったという経験ありませんか??

 

肌荒れがあった人はもちろんですが、今まで肌荒れ知らずだった人もなってしまうのです

どうしてなのでしょう…

 

 妊娠したら肌がカサカサしだした…私だけ??

 

妊娠すると肌が荒れやすくなる

肌がピリピリする

 

妊娠すると体には様々な変化が起こりますよね

つわりがあったり、腰痛や頭痛がしたりと症状は人それぞれです

 

その中の1つに肌荒れがあります

妊娠すると肌が荒れやすくなってしまうのです

 

原因としては

○ ホルモンバランスが変わる

○ ストレスが溜まる

○ 肌が乾燥しやすくなる

など様々なことが考えられます

 

簡単に解説していきます

 

 肌荒れが産婦人科で治った!?!?

 

妊娠によって肌が荒れる原因

妊娠によって肌が荒れる一番の原因はホルモンバランスが変わるからです

 

妊娠をした身体は、胎盤を作ったりするために『プロゲステロン』という黄体ホルモンを多く分泌するようになります

妊娠した身体を保つためにとても大切なホルモンなのですが、今まで自分の身体のために使っていた水分や栄養を赤ちゃんのために使うようになります

そのため肌に必要な水分や栄養分が不足してしまい、肌への供給が出来なくなってしまいます

 

すると肌へ必要な水分や栄養が足りなくなり、肌はどんどん乾燥しやすくなってしまうのです

 

他にもつわりなどの体調不良でストレスが溜まっています

このストレスも肌荒れに影響してしまいますよ

 

妊娠中の肌はとても敏感になっている

肌が荒れていなくてもピリピリするようになったって方もいるかと思います

妊娠すると肌は、乾燥肌になるだけでなく敏感肌になってしまうこともあるんです

 

今まで使っていたスキンケアを使うと肌がピリピリするようになった

ちょっと肌に手があたっただけで肌がピリピリするような気がする

 

こんな違和感があったら肌が敏感になっている証拠です

でも心配しないでください!!!

出産するとだんだんと肌質は元に戻っていきますよ(^^)

 

妊娠中のピリピリはどうしたらいい??

悩まない

 

出産したら治るとはいえ、妊娠中の肌荒れやピリピリはストレスの原因になってしまいますね

出来ることならストレスはない方がいいです

 

肌のピリピリを抑えるために、妊娠中は敏感肌用のスキンケアに変えてみてください!!

それだけでも軽減することが出来ますよ(*^_^*)

スキンケアをするのがつらいという方は、敏感肌用のオールインワンでOK

 

また水分補給やしっかりとした栄養を摂るようにして、体内の不足している栄養素を補ってあげましょう

睡眠をしっかりとることも大切ですよ

 

妊娠中の一時ではありますが、できるだけストレスにならないように早めに対策しておきましょうね(*^^)v

妊娠したら肌がカサカサしだした…私だけなのかな??

妊娠をすると身体にはいろいろな変化が起こりますよね

良い変化もあれば、悩まされる変化もあります

心はうれしい気持ちでいっぱいなのですが、ちょっとしたことが気になって気になってどうしたらいいのかわからなくなってしまいます

 

でも安心してください!!

この変化はあなただけに起こっているんではなくて、たくさんの妊婦さんに起こっているんです

妊娠中の自分の身体を知って、上手く付き合っていきましょう(^^)

 

 肌荒れが産婦人科で治った!?!?

 

妊娠中に起こる身体の変化は??

妊娠中には身体にどんな変化が起こっているのでしょう??

 

◇ つわり
◇ 頭痛・腰痛
◇ 腹痛・便秘・下痢
◇ 嗅覚や味覚が変わる
◇ 肌荒れ

などなど本当にたくさんの症状が体中に出てくるのです

妊娠することによってホルモンバランスが崩れたり、ストレスや水分・栄養が不足してしまうためにいろいろな症状が出てくるのです

 

今回はこの中でも、肌荒れについてお話ししていきたいと思います

 

 油分不足が原因!?!?肌荒れはスキンケアを見直して

 

妊娠することで起こる肌のカサカサ

肌がカサカサする

 

一見妊娠と肌荒れには何の関係もないような気がしますが

ホルモンバランス=肌荒れ』と考えてもいいぐらい密接な関係があったんです

 

妊娠をすると「プロゲステロン」という黄体ホルモンが増加します

黄体ホルモンは妊娠を保ったり、胎盤を作っていくうえでとっても大切なホルモンなんです

そして妊娠したことで、必要な水分や栄養分などが赤ちゃんへ優先的に送られていきます

すると妊娠している身体は水分も栄養分も不足するようになり、肌は乾燥しやすくなりカサカサしてしまうのです

 

それだけではなく、妊娠はつわりや腹痛などたくさんのことを乗り越えていかなければいけませんね

これらがストレスとなってしまい、肌荒れの原因にもなってしまうのです

ニキビができやすくなったり、肌が乾燥してカサカサしたりと症状は人それぞれです

 

肌荒れは仕方がないのかもしれませんが、これが新しいストレスの原因になってしまうのも事実ですね(>_<)

妊娠中はできるだけストレスなく良い状態で過ごしていきたいものです

 

肌のカサカサをどうにかしたい!!

保水と保湿

 

つわりなどの体調不良は自分で管理していくのはとても難しいですが、肌荒れなら毎日ちょっとしたことでストレスを軽減していくことができそうですね(^^)

 

まずは水分をしっかりと摂るようにしてみてください

身体の中の水分自体が足りない状態なので水分が補給されなければ、いつまでも肌内部はカラカラの状態になってしまいます

そして肌表面からもスキンケアで水分と油分を補給していきましょう!!

 

特に保湿はしっかりとしてあげてくださいね!!!

肌がカサカサしているということは乾燥している状態なので、油分も足りていません

保湿をしっかりとしてあげると肌に油分の膜が張られ、細菌や刺激から肌を守ってくれます

それだけではなく、肌内部の水分が蒸発してくれるのも防いでくれますよ♪