クレーター肌がやばすぎる!!どうにかして特殊メイクで隠したい

 

私の肌は凸凹のクレーターだらけ。

原因は思春期の肌荒れでした。

 

私は思春期の頃に急に肌の調子が悪くなり

顔中ニキビだらけになってしまいました。

 

市販のニキビに特化した商品を使ってみても効果なし。

 

かといって他の商品を試しても

結局ニキビが悪化するだけの悪循環に陥りました。

 

 

そんな日々を過ごしていたら

私の肌はいつの間にかボコボコクレーター肌となっていたのです。

 

 顔のクレーターは病院に行かなくても治すことができるって知ってた⁇

 

クレーター肌になってからいいことなんて一つもない。

 

あなたはそんなクレーター肌で写真に映ることができますか⁇

 

私は恥ずかしくてそんなことできませんでした。

 

どうしても、この肌を写真に残したくないため

友人から誘われても断るばかり…

 

そんな私に嫌気がさした友人たちは

ノリが悪いと私を嫌うようになりました。

 

 

人生の中でも一瞬しかない大切な青春時代は

どん底の最悪な記憶となってしまったのです。

 

青春時代の写真もなければ

仲のいい友人もいない。

私の人生は最悪でした。

 

クレーター肌をどうにかしたい!!特殊メイクしたらいいんじゃない⁇

 

ちふれで肌荒れして絶望的

 

それからというもの私は

社会に出ることも怖くなり隠れるように生活をしていました。

 

そんな時にある方法をテレビで見つけたのです。

それが特殊メイクでした!!

 

私は初めて心の底から感動しました。

だって特殊メイクをすれば全く違う人間になれるのですから。

 

 

それからというもの

私を救ってくれるのは特殊メイクしかないと思うようになったのです。

 

でも特殊メイクの知識は全くなかったので

私はネットで調べまくりました。

 

そして自分でやるよりもまずは実際にやってもらおう!!

と特殊メイクをしてくれるサロンへ行ったのです。

 

 

事情を説明すると

私の希望に沿うように肌を埋めて

メイクを施してくれました。

 

クレーター肌がなくなった自分をみて

すごくうれしかったのを今でも覚えています。

 

でもそれと同時に惨めな気持ちになりました。

 

ここまでのことをしないと

街中を歩くこともできないのかと悲しくなりました。

 

 

そんな時に特殊メイクをしてくれた方が

私に声をかけてくれたのです。

 

「特殊メイクで自分の理想を作ることはできます。

でもそれは本当のあなたではないですよね⁇

結局隠しているだけで、根本の解決にはなりませんよ。」と。

 

私もその通りだと思いました。

そしてこんなことも教えてくれたのです。

 

「特殊メイクでクレーター肌を解決することはできませんが

諦めないでください。

あなたの肌は今からでも改善することができます!!」

 

この言葉を聞いて勇気が湧いてきました。

 

 

クレーター肌を恨んでいても何も始まりません。

 

私は初めて化粧品専門のお店に行き自分の肌を知り

肌に合うスキンケアを手に入れることができました。

 

まだまだこれからですが

自分の肌が変化するのを楽しみに頑張っていきます。